忍者ブログ
お題配布サイト『風花』の管理人、氷雨の日記と更新記録+レスです。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/09 はる]
ブログ内検索
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とてもとても久しぶりな更新をしました。
更新といってもデザインだけですか、いったい何年ぶりでしょうか…。

いま調べたらサイトの改装は2008年の11月が最後でした。
約3年ぶりですね。3年て…。

ご質問に全く反応できず、申し訳ありません。
お問い合わせくださった方にとっては今さらかもしれませんが
頂いた質問への回答は全て「問題ありません」です。
休止中にご質問くださり、返信できなかった方で
もしまだここをご覧になってくださっているようでしたら、参考にしてください。

ご質問とは別に、拍手や掲示板でご使用報告くださった方も、ありがとうございます。
個別にご返信できず申し訳ないですが、全て読ませていただきました。
本当に、ありがとうございます。

掲示板はこまめに確認できないので、撤去させていただきました。
今まで書き込んでくださった方々、ありがとうございました。

これからは時間見つけて、少しずつですが、更新しようと思います。
風前の灯サイトですが、今後ともよろしくお願いいたします。

ごめんなさい、ここからはいわゆる自分語りです。
ここ以外文章として吐き出す場所がないので、書かせていただきます。
気分を害してしまう恐れがあるので、危険だと思った方はバックお願いします。





このサイトを始めたのは、私が中学3年生のときでした。
当時お題サイトをやっていた友人に触発されたのが原因です。
その子の綴る言葉は本当に綺麗で、同い年なのにそれが信じられなくなるような感じがして
ああ、言葉ってすごいなと思いました。
それで影響されてサイト始めるって、当時の自分の行動力すごいな、とか今になって思います。笑

始めた当初のお題は見様見真似…ではないですが、他のサイトさん見て
お題ってこういうものなのか、こういう感じなのか、と勉強しながら(?)作ってました。
もう今では恥ずかしくて見返せないやつとかも多々あるのですが
最初のころに作ったお題の方が使ってくださっている方が多くて
下手に凝っていない、率直な言葉の方が、お題としてはいいのかなとか
ちょっと頭かかえた時期もありました。笑

いろいろ試行錯誤しましたが、やっぱり言葉を綴るのは楽しくて
小説とか長いのになると一気にダメダメになっちゃうんですが
お題くらいの短いものだと、うまく言葉を乗せられるんですよね。

…というのが、数年前までの状態です。
ここ2、3年くらいは、そういうものからめっきり離れていました。
お題の更新ができなくなったからなのか、離れたから更新できなくなったのかわかりませんが
それまでは普通にできていたことができなくなっちゃいました。
ネタ切れだったのか、私のキャパを超えたのか。
またお題に触れるようになった今でも、昔の自分の作ったお題が
どうしてあんなに生き生きとしてるのかわかりません。
なんか自画自賛みたいで気持ち悪いですが、率直にそう思うのです。
たぶんあの頃の感覚はもう戻ってこないように思います。

それでもまたここに戻ってきたのは、言葉に触発されたからです。
ここ数年で、写真を本格的に撮り始めました。
本格的といっても、デジタル一眼レフ買ってうはうはしてる程度ですが。笑
写真、とても楽しいです。世界がキラキラして見えます。
旅行とか行くと、観光してんだか写真撮りに来てんだか、わからなくなるときがあって
同行者には申し訳ないのですが。

でもたぶん、写真にのめりこんだのは、絵がへたくそだからなんです。
私は絵を書くのも好きで、いまでも落書きくらいはするんですが
壊滅的というほどでもなく、でも決してうまくはない。非常に中途半端なんです。
その点写真は、同じ場所から同じ機器で撮れば、同じ写真になります。
それでのめり込んだんです。たぶん。

そもそも他人と同じ視点を持って、同じ場所から写真撮るなんてありえなくて
どの場所で、なにを、どの向きから撮るか
というかまず、その被写体を撮ろうと思うか、が問題になるわけでして
もどかしい思いをすることも何度もありましたが、それでもやはり
自分が撮りたいと思ったものを撮れた時の感動は大きくて
絵から逃げた先とはいえ、写真やカメラとは上手く付き合えていると思います。

そんな折に、とある素材サイトさんを見ていて(リンクにあります)
以前から拝見してはいたのですが、写真を始めてから改めて見ると
写真+言葉というものの凄さに圧倒されました。凄さというか…うーんボキャ貧。
それでふつふつと創作意欲がわいてきて、サイトの再始動をもくろみ始めました。
でもこのころは、まだどうしよっかな、という感じで
ここをまた始めるか、写真サイト立ち上げてみるか、悩んでました。
写真サイトって、もろに影響でてますよね。そういう人間なんです私は。笑

それでとりあえず、と初めて見たのがツイッターでした。
元々個人的にツイッターはやっており、なにかお題的なものを思いついたら
ツイッターとは違うそれ用のリアル(?)に書き込んでいたのですが
なんだか見にくくて、メールで更新もめんどくさくて、
ああそうだ、ツイッターがあるじゃんと思ったんです。
ここに告知した時は、たぶん誰も見てないだろうと思いつつも
誰か見ててくれたらな、という淡い期待も持っていました。恥ずかしい。

でもそしたら、本当に見てくれてる方がいたんです。
凄く嬉しかった。こんな更新もなく寂れたサイトを未だに見ていてくれて
しかも日記まで覗いてくださって、ツイッターまで飛んでくださる。
本当に本当に嬉しかったです。
たぶんこれがなかったら、ここを再開しようとは思いませんでした。
気持ち悪いと思われたらそれまでですが、これが率直な気持ちです。

正直、ここを続けていたのは未練があったからです。
そして、閉鎖する勇気がなかったからです。
数年かけてお題を作ってきて、たくさんの人が見てくれて、たくさん感想をいただいて
身に余る言葉もかけていただいた、このサイトを閉じることは
私にはできませんでした。いやしい奴です。
だからずっと閉鎖はしないで、更新停止ということにして
でもなかなかお題はできなくて、そのうち逃げてました。

絵から逃げて、言葉からも逃げて、でも最後にここに戻ってきたのは
ここを見てくださっていた方のお言葉があったからです。
本当に感謝しています。
これからはちゃんと言葉に向き合っていきたいです。

そしてここには直接関係ないのですが、逃げたのなら逃げたらしく
写真もたくさん撮っていこうと思います。
どこかで見かけたら、笑ってやってください。笑

長々書いてしまいました。
支離滅裂になっているのは承知です。気持ち悪いのも承知です。
でもこれが、いま現在の私です。
読み返したら恥ずかしくてうわああってなりましたが
ここまで吐き出すのは初めてなので、気が済むまでそのまま残そうと思います。

中学生という名の黒歴史時代から、華のJK生活を終え
現在最後のモラトリアム真っ最中です。
このサイトには、ある意味、私のすべてが詰まっています。
…また気持ち悪い表現になってしまいました。うーん。
そんな風花ですが、今後も末永くよろしくお願いいたします。

ここにいる皆様に感謝をこめて。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Photo by RainDrop
RainDrop 忍者ブログ [PR]